地球から遠く離れた宇宙に非常に高度な文明を持つがありました。
何万光年を移動できるだけの科学力をもち、
その老成した文明は既にという概念さえも
過去のに封じ込めていました。
しかしそんな彼らにも、み事がありました。
彼らは驚くほど「質素」だったのです。

彼らは遠く離れた銀河系に
ふれる豊かな星があることを知ります。
「その星はありとあらゆる娯楽にあふれたらしい」
「でもそれらのるにはたくさんお金が必要みたい」
そう考えた彼らは意を決して、
エキサイティングなに持ち帰るため
その星へお稼ぎの旅へとむかいます。
しかし、自己中心的でずるがしこいその星のちと渡り合うには、
彼らは純真でお人好しすぎるようでした。
かくして「彼ら」と「人」との
ファーストコンタクトが始まったのです。